GREE完全ガイド SNSサイトGREEで、コミュニケーションを楽しもう


スポンサーリンク

STEP3 高度な設定を使いこなそう

特定ユーザーからのコメントやメールを禁止する

嫌な相手はアクセス禁止に

あなたの日記に不快な内容のコメントを繰り返したり、嫌がらせのメールを送信したりするような会員がいた場合の自衛手段として、その相手からの自分のページへのアクセスを禁止する方法があります。アクセスを禁じられた相手には、あなたがアクセスの禁止を設定したことを通知しません。したがって、相手からすればあなたがGREEを退会したかのように見えるのです。

アクセス禁止の登録方法

特定ユーザーからのアクセスを禁止するには、以下の手順にて行います。
自分のホームページの上部メニューバーにある「設定」をクリックして、画面左のメニューのうち、一番下にある「禁止リスト」をクリック。「禁止リスト」の作成画面に進みますので、そのユーザーIDの欄にアクセスを禁止したい会員のIDを入力します。ユーザーIDとは、相手のプロフィールを表示したときのURLのうち、"http://gree.jp/○○○/"の○○○の部分の数字、もしくは半角の英字のことです。もし、相手のユーザIDがわからない場合は、相手の日記やフォトのURLについているuser_hash=XXXXXXXのXXXXXXの部分を入力してください。ユーザーの名前で指定しても、容易に変更されてしまう可能性があるため、会員固有のIDで指定することにより確実に自分のページへのアクセスを禁止することができます。相手が新たにIDを取得してこなければ、あなたがアクセス禁止を解除しない限り有効となり続けるのです。

photo
相手のプロフィールページを表示した際のURLの一部がID。通常は数字だが、任意でURLを指定している場合は、英字などで表示されている場合もある

アクセス禁止されてしまったら

あなたが相手からアクセス禁止にされてしまった場合は、残念ながらあなたから働きかけて解除してもらう方法はありません。メールや電話で直接交渉でもしない限りは二度と解除されることはないと考えたほうがいいでしょう。
そもそも、なぜアクセス禁止にされてしまったのでしょうか? その相手が不快になるような行為を繰り返すなど、何らかのトラブルが発生する原因があるに違いありません。もちろん、行き違いや勘違いなどから、思わぬ方向に話が進み、仲たがいをしてしまう場合もありますが、基本的には相手に迷惑をかける行為を行ってしまったからこその結果なのです。そんなことが起こらないように、日頃からSNS使用上のマナーや節度を守るような心がけをするべきでしょう。


スポンサーリンク

 
 

Copyright (C) 2007 GREE完全ガイド. All Rights Reserved. / お問合せ・免責事項