GREE完全ガイド SNSサイトGREEで、コミュニケーションを楽しもう


スポンサーリンク

STEP2 基本機能を使いこなそう

アクセス履歴の確認

アクセス履歴とは?

あなたのページに訪問してくれた会員を記録してくれるのが「アクセス履歴」です。あなたの日記や写真を見にきてくれた友達はもちろん、キーワードやレビューをたどってきた人や、友達のホームページを経由してあなたのページにやってきた人もいるでしょう。あなたの日記や写真にコメントをつけていない人でも、誰が、いつあなたのページにやってきたのかを教えてくれるのが「アクセス履歴」機能なのです。

アクセス履歴の確認

「アクセス履歴」のチェックは、メニューバーの中にある「アクセス履歴」の文字をクリックするだけです。あなたのページに訪れた人の画像と名前、アクセスした日時が一覧になっています。さらにその人が携帯電話でアクセスした場合には、携帯電話アイコンが表示されています。また、画面の右には、あなたのホームページへの「アクセス数の推移」が日付ごとの棒グラフで、「アクセスランキング」が数値で表示されています。
アクセス履歴を見ると、あなたの良く見知った人ばかりではなく、初めての訪問者の名前も多く見かけることでしょう。あなたの日記や写真、あるいはキーワードをたどってきたものの、いきなりコメントをつけるには、と遠慮をしている人たちかもしれません。その一覧に残された名前をクリックすれば、相手のページに飛ぶことができるので、早速訪問してみましょう。せっかくの出会いのチャンスです。趣味や気が合いそうな人であれば、コメントやメールのやりとりから始めてみるのもいいでしょう。その際には「アクセス履歴からたどってきました」などと説明を加えると、スムーズに交流が始められるかもしれません。

photo
アクセス履歴の画面。訪問者の名前をクリックすれば、相手のページに飛ぶことができる。

足あと帳を用意しよう

せっかくあなたのページに偶然に訪問をしてきた人との交流を開始するためには、気軽に書き込める「足あと帳」を用意するのがいいでしょう。これは特に「足あと帳作成」という機能があるわけではなく、通常の日記を足あと帳代わりに使用するものです。日記のタイトルを「足あと帳」などとするだけで準備ができます。作り方も日記とまったく同じですが、最新の日記の表示から消えてしまっても足あと帳を探す必要がなくなるように、トップ画面のプロフィールなどに直接「足あと帳」日記のURLを記入しておくことが必要です。
あなたのプロフィールを読むと同時に足あと帳のURLが目に入れば、「せっかくだから挨拶コメントを残していこう」と思う会員も増えることでしょう。
また、逆に「足あと帳」を用意している会員のページに訪問した際には、積極的に記入をしてみることです。そこから新たな交流の輪が広がる可能性があります。

photo
プロフィール欄にURLを記載しておけば、足あと帳へと直接誘導することができる。記入されたコメントにはすぐに挨拶のコメントを返すなど、面識のないユーザーでもコメントを残しやすいような雰囲気作りが必要だ。

スポンサーリンク

 
 

Copyright (C) 2007 GREE完全ガイド. All Rights Reserved. / お問合せ・免責事項